紫外線、ホルモンバランス、ニキビ跡によって発生するシミを消す方法、ハイドロキノンや食事などについて解説します。

シミを消すための紫外線対策

シミの多くは日焼け、紫外線によって発生します。紫外線にはUVA波とUVB波が存在します。A波はエネルギーが弱い紫外線です。ただ肌の真皮にまで到達します。UVケアをしていないとコラーゲンを破壊してしわ、たるを引き起こします。B波は角質までしか届きませんがエネルギーが強く、炎症を引き起こし、メラニン色素の生成や活性酸素の原因にもなります。



紫外線は4月から9月にかけて増えます。その時期はUV対策を念入りにします。特に外にでる場合は帽子、日傘は欠かせません。顔には日焼け止めクリームなどを塗ります。UVクリームか乳液は「SPF」の値と「PA」の値をしっかり見ます。ただ冬にも夏の半分ほどの紫外線はあります。外にでる場合はUVクリームの使用をおすすめします。

長時間外に出る場合はSPF高め、PA++以上の日焼け止めを使用します。特に頬骨あたりには重ねづけをします。日焼け止めの上からパウダーファンデーションを塗るとより紫外線をカットできます。

日焼け止めはノンケミカル、紫外線吸収剤フリーのタイプがおすすめです。日焼け止めで肌が荒れしてしまう場合は、パウダーファンデーションのみ使用します。肌に負担をかけずに紫外線をカットできます。日焼けをしてしまった場合はすぐに冷やすようにし、それから化粧水や美容液などでしっかり保湿する事が重要です。

シミの種類について

シミには数種類あります。 ここではシミの特徴、対策について紹介します。

老人性色素斑
最も多いのが老人性色素斑です。このタイプは紫外線の積み重ねにより出来るシミです。頬骨のあたりにできる特徴があります。20代の頃から日焼けし、ファンデーションを塗らない人に多い傾向があります。老人性色素斑は早めに対策する事が重要です。また日頃からパウダーファンデーションを塗る事をおすすめします。

肝斑
肝斑はホルモンバランスの影響で出来るシミです。左右対称にできます。40代くらいからできやすいシミです。ホルモンバランスの改善には規則正しい生活が最も重要です。睡眠、食事、血行を促進する適度な運動を取り入れる事が大事です。あとは美白化粧品を使用しながら内服薬トランシーノを服用します。

炎症性色素沈着
炎症性色素沈着はニキビ跡、傷跡がシミになって残るタイプです。また日頃から顔をゴシゴシこする洗顔、化粧なども炎症性色素沈着の原因になります。洗顔や化粧をするときは摩擦を避けるようにします。ニキビ跡は日焼けするとさらに茶色くしみになるので、パウダーファンデーションを塗ることで紫外線をブロックする事がおすすめです。

ソバカス
ソバカスは遺伝的要素が強いシミです。小さく茶色いシミが散らばるように出来ます。ソバカスは化粧品での対策はむずかしいシミです。どちらかと言えば色白の人に多い傾向があります。対策としてはレーザー治療などがあります。

シミを消すための美白化粧品

シミを消す方法といえば美白化粧品、レーザー、ピーリングなどがあります。老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑は美白化粧品の使用がおすすめです。ソバカスに関してはレーザー治療が必要になります。ここでは美白化粧品の成分を中心に紹介します。

美白化粧品に含まれる美白成分で最も多いのが「ビタミンC誘導体」です。ビタミンC誘導体は紫外線によって生成されるチロシナーゼの働きを減らす作用とメラニン色素を還元する作用があります。またニキビ跡を薄くしたり、皮脂の分泌を抑えます。さらに抗酸化作用、コラーゲン生成を促進する働きもあります。

次に有名なのが「ハイドロキノン」です。こちらは美白作用が強い成分です。化粧品では2%までしか配合できません。チロシナーゼの抑制だけでなく、出来ているシミを薄くする働きがあります。ハイドロキノンは酸素、紫外線、熱などに弱く、酸化しやすい為、夜のみ使用するタイプがほとんどです。有名どころではアンプルール、ビーグレンなどの化粧品に配合されています。

美白に有効な食事、栄養素について

美白にとって食事は非常に重要です。化粧品による外側からのアプローチだけでなく、栄養のある食事で内側からもアプローチする事も欠かせません。美白で重要な栄養を紹介します。

ビタミンAは新陳代謝の促進、抗酸化作用があります。代謝を良くしてメラニン色素の排出をサポートします。ビタミンAは鶏レバー、ウナギ、ニンジン、ほうれん草、かぼちゃなどに豊富です。



ビタミンCは色素沈着を抑えます。また抗酸化、コラーゲン合成作用もあります。ビタミンCはブロッコリー、いちご、ピーマンなどに含まれています。

ビタミンEは抗酸化作用、血流促進作用があります。血流がよくなると代謝があがり、ターンオーバーが促進されます。シミのもとになるメラニン色素の排出をサポートします。ビタミンEはアーモンド、たらこ、かぼちゃなどに含まれています。

血行促進でおすすめなのは青魚です。青魚には不飽和脂肪酸EPAが含まれています。EPAは血中コレステロール値を下げ、血液の流れを良くする働きがあります。いわし、さんま、マグロなどにふくまれています。



良質なタンパク質を取ることも大切です。肌や血管を丈夫にし、コラーゲンの生成などにも欠かせません。食品としてはサケ、鯖、モモ肉、ささみ、大豆類などがあります。脂身の多いお肉はドロドロ血液の原因になるので食べ過ぎに注意しましょう。